臨床メモ:経管栄養の疑問

臨床メモ
EPSON MFP image
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

●経管栄養でも口腔ケアをしないといけないの?

●経管栄養中に口腔ケアして良いの?

●経管栄養後すぐリハビリ開始して良いの?

経管栄養でも口腔ケアをしないといけないの?

経管栄養を用いてる人は、経口摂取をしないから口の中なんて汚れないと思いがちです。

しかし、そんなことはござません

口腔内の常在菌は数多く存在し、食事中に唾液とともに飲み込んでいます。

食事の時間が無くなることで、口腔内の常在菌が溜まりやすくなり、口腔内が汚染されてしまいます。

それを防ぐためにも口腔ケアは必要となります。

経管栄養中に口腔ケアしても良いの?

いけません。

理由は、口腔ケア中に誤って嘔吐反射を誘発させてしまう危険があるからです。

嘔吐反射は咽頭を刺激することで起こるので、のどの奥を刺激しなければ大丈夫かというとそうでもありません。

経鼻栄養の場合、鼻から管を入れるため、胃の入口である「噴門部」が開いている状態です。

そこに、経腸栄養製剤が入ることで胃液が分泌され胃の中の容量が増え、より嘔吐しやすくなります。

嘔吐しやすい状態では何が嘔吐反射を誘発させるかわかりませんので、安静が必要となります。

胃ろうも同様で、噴門部への影響はないですが、胃の容量が増えることで嘔吐リスクがあります。

経管栄養後すぐリハビリ開始して良いの?

注入後 1 時間は、30 ~ 90 度の姿勢を保ちます。

アボットジャパン, 経管栄養の手引き_2017

注入後も1時間は体を大きく動かさない方が良いでしょう。

体を大きく動かすことで平衡感覚、前庭刺激により嘔吐を誘発させることがあるからです。

そのため少なくとも30分、手引きに従うと1時間の安静時間が必要となります。

個人的には注入後30分の、PT/OTさんによる上肢訓練であれば体動も多くなく、問題ないように思います。

ST向け:口腔ケアのタイミング

経腸栄養製剤の投与により、唾液産生が増加し誤嚥を起こしやすくなる

郡 隆之, 経腸栄養療法の合併症と対策,

経腸栄養製剤の投与の口腔内を観察したことがあるでしょうか?

時折、口蓋から唾液が分泌されている所を観察できます。

経管栄養となるほど、嚥下能力が落ちている場合、唾液を嚥下出来ない可能性があります。

その結果、咳嗽の増加、痰の増加が考えられます。

普段から少量の唾液誤嚥が繰り返されている可能性もあり、口腔内が汚染されている可能性があります。

経管栄養中咳嗽を繰り返されている人は、口腔内も汚染されている可能性があるので、経管栄養後の口腔内も観察してみてください。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

注入で気になる疑問についてお伝えしました。

少しでもお役に立てれば何よりです。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました