歯ブラシの選び方と歯の当て方

新人ST向け
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

・幅が広めの植毛歯ブラシはどうなのか?

・歯のブラッシング方法はどんなものがあるのか?

歯ブラシの選び方

歯ブラシの種類

一般的なサイズ

毛束配列は3~4列の平切、植毛部の長さは25mm前後、毛束の高さは10mm前後の比較的コンパクトな歯ブラシが推奨されている。

渡辺孝章 小林 一行, 最近の歯ブラシ事情 ―なぜ今,幅広植毛歯ブラシなのか―, 日本歯周病学会会誌 60巻 2号 2018年
歯ブラシ例

となるようですね。

最近の歯ブラシは細長く、それほど毛の高さは高くないイメージですね。

私は上記画像のように子ども用の歯ブラシを使用していたりします。

理由は親知らずまで毛先が届かないため、ヘッド部分(毛の束があるところ)が小さいものを選んでおります。

■ヘッド部分が小さい利点

・狭い部分も磨ける

・ブラシヘッドの方向転換が楽

・奥歯のプラーク(汚れ)除去率が高い研究もある

こういった利点もありますが、中にはヘッド部分の幅が広く、毛束配列が密になっている歯ブラシがありますね。

幅が広めの植毛歯ブラシ

例えば以下のようなものですね。

他の一般的な歯ブラシと比べて毛量が多く、毛束3~4列ではなく7列程あります。

この歯ブラシの利点は何なのでしょうか?

歯ブラシでは効果が上がらない人、手を細かく動かすことが苦手な人を対象としている。

渡辺孝章 小林 一行, 最近の歯ブラシ事情 ―なぜ今,幅広植毛歯ブラシなのか―, 日本歯周病学会会誌 60巻 2号 2018年

論文内では「手を細かく動かすことが苦手な人」例えば”関節リウマチ”といった疾患によって手の巧緻性が低下した人に向けて効果が期待出来ると論じられています。

■歯ブラシの選び方

・基本はヘッド部分が小さいコンパクトサイズ

・疾患によって手の動かすのが悪い人は大きいサイズで広い範囲を磨けるようにする

歯のブラッシング方法は?

スクラッビング法

左(歯の曲面も磨く図)

ポイント

・1本ずつ磨く気持ち(歯の曲面も磨く)

・歯に対して直角に当てる

・小刻みに擦る

これにより、歯に張り付いているプラークを擦り落とすことが可能といわれています。

歯周病が気になる人は「直角」ではなく、歯肉に向けて45°となるように磨くのも良いとされています。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

歯ブラシの種類で、それぞれ向き不向きがあるので、是非ともこういった情報を参考に選んでいただければと思います!それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました