完全側臥位法のメリットとは?

食事介助
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

完全側臥位法のメリット

〇誤嚥を防止できる

〇咽頭期障害の人に有効と言われている

〇重度嚥下障害でも経口摂取獲得が可能となる例が多い

完全側臥位法とは?

ベットで側臥位となり、食事を摂ってもらう嚥下補助技法です。

この方法を活用することで上記のようなメリットがあります。

誤嚥を防止できる

嚥下能力を上げるために使用するよりかは、誤嚥を防止するために活用します。

なぜ誤嚥を防止できるかというと以下2つの点があります。

  • 気管に入らず、食べ物が中下咽頭に貯留するようになる
  • 重力が気管側に働かないため弱い咳嗽力でも喉頭から離すことが出来て、誤嚥を防止できる

嚥下後の残留する位置が座位では下咽頭が中心であるのに対し、完全側臥位法では中下咽頭が中心となるため、披裂間切痕からの喉頭侵入が生じにくいことを利用している。

松井亮太 他6名, 咽頭期摂食嚥下障害に対し,完全側臥位法による嚥下の導入後に座位での嚥下に切り替えを行った1例, 日本静脈経腸栄養学会, Vol.1(4) 2019年

嚥下をしたとしても、咽頭に食物を残留させてしまう嚥下障害があります。

食物の残留は、重力であったり呼吸再開の吸気中に誤嚥をしてしまうことが多いです。

ですが、完全側臥位法では食物の残留が中下咽頭となり、重力は気管の方へ働かず、呼吸再開時でも誤嚥しにくくなります。

万が一誤嚥してしまっても、重力によって気管側へ落ちていかない事により、咳嗽力がある程度保てていれば誤嚥性肺炎を防ぐことが期待出来ます。

咽頭の貯留量が増える

絵が下手ですみません……。喉の前額面図を裏から見た状態です。
座位と完全側臥位による食物残留量のイメージ図です。やはり完全側臥位の方食物を残留させれるスペースが広いですね。

健常成人男性の MRI 画像を用いて作成した樹脂咽頭喉頭モデルで誤嚥が起こるまでの咽頭貯留量を測定した結果

座位では 4.6mL であったのに対し、完全側臥位では14.2mL と貯留能が向上することが明らかになった。

松井亮太 他6名, 咽頭期摂食嚥下障害に対し,完全側臥位法による嚥下の導入後に座位での嚥下に切り替えを行った1例, 日本静脈経腸栄養学会, Vol.1(4) 2019年

このように、座位と比べて3倍程貯留しても誤嚥しない可能性があるのです。

では、貯留量が増えたから何が良いのでしょうか?

咽頭期障害の人に有効と言われている

咽頭への貯留量を増やせることで

  1. 嚥下反射惹起不全(ゴックンと飲み込みの運動がでないこと)があり、1口量を多くしないと嚥下反射が起こせない人に有効である。
  2. 食道がしっかり開く方を下にすることで、誤嚥を防止しつつ、嚥下をしてもらって少しずつ食道へ流していける。

食道入口部が開く方を下にすることで、少しずつでも食塊を食道の方へ駆出していける望みがでます。

重度嚥下障害でも経口摂取獲得が可能となる例が多い

完全側臥位群では老衰による終末期の症例でも安全な経口摂取が可能となり、対照群と比較し死亡までの平均欠食期間が有意に短縮(17.3→7.3 日)した

工藤 浩 他6名, 重度嚥下機能障害を有する高齢者診療における完全側臥位法の有用性, 日本老年医学会雑誌 第56巻 第1号, 2018年

終末期となると、お楽しみレベルの経口摂取も出来る可能性もあるので、口から食べることを最期まで諦めないでいられるかもしれません。

また、重度嚥下障害から座位でご飯を食べることまで回復することもあるそうで、回復の見込みがあるのは嬉しいですね。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

完全側臥位法は重症の嚥下障害の方にも簡便に、かつ看護師さんへも難しい指導なく、即実行できるほどの即戦力となる技法だと思います。

これらの情報が臨床で少しでも活かしていただければ幸いです。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました