新人ST向け:氷舐め訓練やアイスマッサージって本当に良いの?

嚥下訓練
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
後輩
後輩

のどのアイスマッサージが怖いです。

氷が解けて、水になると、誤嚥する恐れがあるのではないでしょうか?

その通りだね。

だから素早く咽頭の「前口蓋弓」という所を刺激するんだ。

後輩
後輩

刺激……ですか。

のどのアイスマッサージを研究した「Logemann」さんは【温度・水】そして『圧』という3つの要素を大事にしたそうだよ。

思いっきり押すのは問題だけど、嘔吐反射が起きない程度の刺激は大切ですね。

後輩
後輩

え~っと、前口蓋弓は……。

のどのアイスマッサージを刺激する部位

・前口蓋弓

・舌根部

・軟口蓋

教科書によっては、「咽頭後壁」への刺激も言われていますが、脳血管疾患などで感覚が低下している人でもない限り、嘔吐反射の好発部位であるため、かなり注意が必要です。

まずは、「前口蓋弓」での圧刺激などで様子を見てから行っていきましょう。

後輩
後輩

反射がなかなか出ずに誤嚥してムセてしまったらどうしよう……。

確かに、そうなってしまうと怖いよね。

その可能性はあるには、あるんだけど……。

なんとかそれを回避する方法はあります!

後輩
後輩

そ……それは!?

3ml(3cc)までなら大丈夫!

後輩
後輩

3ml(3cc)までなら大丈夫?

3ml(3cc)の理由

改訂版水飲みテスト(MWST)は「3ml」の冷水をシリンジに入れて、口腔底に注ぎ嚥下を促すスクリーニングテストです。

この「3ml」の理由は「食道入口部にある梨状窩」という部分の体積と同じなのです。

かなり下手な図ですみません……。

この図は、嚥下内視鏡検査でよく見る「咽頭を上から見た図」になります。

下側のピンク部分が「舌」で濃いピンクが「喉頭蓋」となります。

緑の部分は「喉頭」で、奥に声帯や披裂軟骨などがあります。

その両脇、水色の部分が「梨状窩」および「梨状陥凹」と呼ばれる部分です。

この部分は「食道の入口」です。

食道は常に閉められていて、ちょうどホースの先を閉じたみたいな形をしています。

ホースの先をつぶすと口がハの字になりますね?そのハの字になったくぼみ部分を「梨状窩」と言います。

この「梨状窩」に溜まる体積が「3ml」と言われています。

うまくいけば、この「梨状窩」に冷水が溜まり、誤嚥せずに済むというお話です。

アイスマッサージも氷舐め訓練も3mlまでなら大丈夫

とはいえ、氷舐め訓練は「唾液」の分泌も促してしまうため、3mlの氷ですら危険な可能性もあります。

ある程度食事が出来ていて、嚥下反射が出ており、さらに嚥下反射の改善を目的として、氷舐め訓練は可能であると思います。

特に認知症の重度な高齢者でも「アイスキャンディー」と伝えると好意的に受け取ってくださいます。

味がないのでそこは誤魔化したりしますが(糖尿病だから薄味ですetc)嚥下反射促通としては氷舐め訓練もおススメです。

何よりも窒息のリスクが少ないのが魅力ですね。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

厳密な3mlのアイス棒を作るのは大変ですし、3ml以上溶けちゃった~というのは感覚としてわかりにくいので、3mlまでは大丈夫という気持ちを持つことや、「アイスマッサージ」にて嚥下反射の促通を促し、スクリーニングを通して嚥下能力を随時評価していってほしいと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました