新人ST向け:経腸栄養剤の栄養に関するお話②

新人ST向け
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

食品の経腸栄養剤

・メイバランス

・メイフロー

・インスロー

・アイソカル シリーズ

明治メイバランス Mini

株式会社明治が出している栄養食品です。

賞味期限は製造から9か月持ち、常温で保存できるようですね。

経口から飲むことが想定されています。

1本に125ml(コップ半量)入っています。

125mlで200kcalを摂取することが可能となります。

少量で200kcalも摂れるのでかなり摂取効率が良いですね。ただし、1日3本までが目安となります。

味が8種類あるので好きな味がきっと見つかると思います。

食事量が低下している高齢者にとって嬉しい商品となります。

1本あたり220円程度と思われます。

メイバランス1.0

経管栄養として用いられるのは主にこちらになります。

消味期限は200mlでしたら9か月と同じですが、1000mlの物は半年となります。

常温保存可能ですが、段ボールに6段以上積まないようにするなど制限があったりします。

メイバランス1.0の詳しい成分の1部を下記に示します。

メイバランス1.0

メイフロー

こちらも、株式会社明治が出している栄養食品です。

トロミがついておりますが、途中で流れが止まらないように配慮されております。

賞味期限は半年間持つようで、常温保存可能です。

112.5mlで200kcalと取れ、とっても高カロリーの流動食となります。

いくつか種類がありますが、投与カロリーが制限されており、800kcalまでなのは同じのようですね。

詳しい内容を下記に示します。

メイフロー

アイソカル100

アイソカルシリーズは、スイスのヴェヴェーにある、世界最大の食品・飲料会社であるネスレ(Nestlé)の商品です。

今回は「アイソカル100」に注目してみます。

1パック100mlとコップ半量以下となっており、高齢者でも飲み切りやすい商品です。

それでいて200kcalもあるのでめちゃくちゃ高カロリーですね。一番効率が良いのが「メイバランス」だと思っていたのですごくびっくりです。

1日の制限について記載がないですが、おそらくある程度の制限が課せられていると思います。

味は7種類あり、あずき味なんてのは高齢者の方にも飲みやすいかもしれませんね。

賞味期限が味によって異なるようですが、おおよそ6ヵ月~9か月のようです。全体的に9か月はもつようになっているようですね。

アイソカル1.0

経管栄養として用いられるのが「アイソカル1.0」のようですね。

こちらのパンフレットではすでに「1000kcal」までの栄養素の表があるので気になる方はご参照ください。※令和3年8月15日確認

おそらく、1000kcal以上の投与を考えられてないので、もしかしたら制限が1000kcalとなっている可能性がありますね。

賞味期限は半年と、他と比べると少しもたないイメージですが、十分長いですね。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

もっと成分などがわかると良いかもしれませんが、ざっくりとまとめたものもあるのも良いなぁと思い、作成してみました。

臨床で、何かのお役に立てば何よりです。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました