食事介助

食事介助の方法について
誤嚥や窒息を減らすために

スポンサーリンク
食事介助

認知症による食事拒否について

この記事で分かる事 〇認知症の方はなぜ食事を拒否するのか 〇病院で出来る対応方法の一部 今回参考にさせていただいた論文眞鍋 瑞穂,讃井 真理,河野 保子, 看護師の認識による認知症の高齢者の食事拒否の構造と対応, 健...
食事介助

横になったまま食べる!?食事の介護不安を解消するアイテム

「親が病院から退院できるらしい!良かった!!」 「え、普通にはご飯が食べれない?」 「これから親には寝たままで、私が食事介助をすることになるの!?」 食事介助なんてやったことないから不安……。 誤嚥性肺炎...
食事介助

完全側臥位法のメリットとは?

◇完全側臥位法のメリット 〇誤嚥を防止できる 〇咽頭期障害の人に有効と言われている 〇重度嚥下障害でも経口摂取獲得が可能となる例が多い 完全側臥位法とは? ベットで側臥位となり、食事を摂ってもらう...
食事介助

食事を棚に仕舞う患者様のお話

新人STさん 認知症の患者様。 お昼ご飯を残していて、下げようとすると怒られてしまう。 「後で食べる」と言ってこちらの話を聞いてくれない。 夏場は食べ物が腐りやすいからと何度も説明しているが、 ...
食事介助

食事介助時ベットギャッジアップを30度にする理由

嚥下障害を持つ高齢者の患者様へ食事介助をする際、ベットのギャッジアップを30度にするように教えられます。 しかし、なぜ30度が良いとされているのでしょうか? ●ギャッジアップを30度とする理由3つ のどへの送り込み障害...
食事介助

ゼリーはクラッシュ?それともスライス?

●ゼリーをクラッシュする利点と欠点 ●ゼリーをクラッシュする方が有効な嚥下障害は? 〇ゼリーをスライスする利点 〇ゼリーをスライスする方が有効な嚥下障害は? この方にはゼリーをスライスで食べてもらっていたけれ...
食事介助

食事介助をお願いする時の声かけの仕方

食事は栄養の摂取に留まらず、楽しく食べられる「幸福感」とおいしく食べられる「満足感」を得られるため、QOLと直結します。 では食事介助はというと、自力で食べれず、他者に助けてもらいながら食べるため「楽しさ」は少なく、自分のペースで食...
食事介助

覚醒にムラのある方の食事の介入ポイント

この記事はこんな人向け! ・目を閉じて臥床していることが多く、ご飯摂取量にムラがある方の介入 ・覚醒が悪い人の嚥下評価をしなくてはならない場合 ・嚥下の詳しい検査が出来ない場合 〇嚥下を知っている人に評価して...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました