新人ST向け:飴舐め訓練について

嚥下訓練
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

飴舐め訓練のメリット

・患者様に受け入れやすい

・味を感じやすい

・舌の運動を促せる

・唾液嚥下を促せる

飴舐め訓練のデメリット

・糖尿病患者様には不向き

・窒息リスク

・誤嚥リスク

工夫の仕方

・棒付きキャンディ

・噛んでも大丈夫なようにガーゼを付ける

・挺舌を促すためにペロペロと舐めてもらう

飴舐め訓練とは?

その名の通り「飴」を提供して口の中でコロコロと動かしてもらったり、全力で舐めてもらうといった訓練です。

メリットとして

  • 患者様に受け入れやすい
  • 味を楽しんでもらえる
  • 舌の運動を促せる
  • 唾液嚥下を促せる

などを上げさせていただきました。

認知症の人は飴を提供することで自然と舌の動きを促すことが出来ます。

舌の動きを促す訓練効果

・舌圧の向上(舌を動かす力)
→嚥下圧の向上(飲み込む力)や構音面(呂律)の改善など期待できる

・食塊形成能力(食べ物を飲み込みやすい形に整える力)
→舌の複雑な動きを促すことで食塊形成を楽にし、口腔内の残渣を軽減できる可能性
⇒口腔内の食べ物の残渣が軽減することで口腔内細菌の増殖を抑え、誤嚥性肺炎予防に

・食塊の送り込み能力(食べ物をのどへ送り込む力)
→舌の複雑な動きを促すことで食塊の送り込みを楽にし、口腔内の残渣を軽減できる可能性

とはいえ、ここまでの効果があるかどうか、統計学的に認められていないため注意が必要です。

次のメリットとして挙げている「唾液分泌を促す効果」についてお伝えします。

特に「酸味」のある飴であれば「唾液分泌」を促すことが出来そうですね。

これは統計学的にも認められており、飴舐め訓練によって唾液分泌を促進させることが可能です。

論文内で掲載されていた飴舐め訓練の実施時間はおおよそ5分でした。

5分飴をなめることで唾液をしっかり分泌させることができます。

下記に「唾液の効果」についてまとめてみました。

〇唾液の効果

・口腔内が湿潤する
→舌が動かしやすくなる

・食塊形成がしやすい
→唾液とからまってまとまりやすくなる

・味覚を感じやすい
⇒食欲などが増す

こういった効果が期待出来ます。

とはいえ、この効果は個人差があるので注意が必要です。

飴舐め訓練のデメリット(注意点)

  • 糖尿病患者様には不向き
  • 窒息リスク
  • 誤嚥リスク

などが上げられます。

糖尿病患者様は血糖値がグンと上がってしまうため、避けるべきと思われます。

どうしても行う場合は、ノンシュガーであれば大丈夫と思われますが、栄養士の人へ一度確認することをお勧めします。

誤嚥リスクとして「唾液誤嚥」と「噛んで細かくなった飴の誤嚥」が主に考えられます。

そして一番怖い窒息リスク。

窒息リスクと細かくなった飴の誤嚥を避けるために「棒付きの(ノンシュガー)キャンディーにガーゼを被せて舐めてもらう」という工夫が良いと思われます。

しかし、これでは「患者様の受け入れ」や「味を楽しむ」といったメリットが消失してしまいます。

可能であれば「ガム」や「するめ」などをガーゼで包む方がまだ上記のメリットを享受しやすいです。

かつ「咀嚼」の動きを促せるため飴舐め訓練よりも訓練効果が期待出来ると考えます。

中止基準

・覚醒低下
→口に飴を入れても反応がない

・痰量増加
→訓練を行った後~翌日にかけて明らかに痰量が増えた

・本人の拒否

・認知症により指示理解困難
⇒飲みこもうとして窒息リスクが高い

その他、誤嚥していると思われる所見があれば避けましょう。

発熱・湿性嗄声・SpO2の低下、唾液嚥下不良・CTにて肺炎像ありetc

その際は中止しましょう。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

飴舐め訓練についてお伝えしました。

こちらを参考に、誤嚥に注意しながら安全にリハビリが提供できると良いですね。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました