臨床メモ:患者様から出てくる答えにくい質問の話

臨床メモ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
新人STさん
新人STさん

看取り対応の患者様を受け持つこといなったけど、

どうケアをしていけばいいのか……。

漠然とした不安が募ってしまいます。

先輩
先輩

確かに。

今出来ることを精一杯するしかないけれど、それが正解なのかどうか。

この業界、正解を見つけるのがすごく大変だし、正解なんてものが存在するかどうかもわからないしね……。

新人STさん
新人STさん

それに、かなりネガティブな発言が多くなるって聞きます。

「もう私なんて生きていても仕方ない。死にたい。」

なんて言われたらどうしよう!?

看取りの実際

階段状に能力が落ちる

  • 昨日まだ出来ていたことが出来なくなっている
  • 出来なくなることに驚きと悲しみを一番感じているのは本人様
  • 可能な範囲で共感し、傾聴を続けていく

しかし、本人様の落胆はなかなか癒えません。

弱り、苦しみを訴える人にどう答えていくかが課題ですね。

死んだ方がマシと言う時の心情

本当に死にたいと思ているのか?

今まで出来ていたことが出来なくなったことへの辛さ。

STだと、やはり問題となってくるのが「ご飯」ですね。

お粥すら満足に食べられなくなり、ムセながら食べて、苦しくて、今まで気にも留めていなかった嚥下困難感。

お粥すら食べられなくなってしまったら、生きることを諦めてしまう気持ちもすごくわかります。

答えにくい質問に対する回答1

「そんなことを言わないで欲しい」と答えて欲しい場合もあります。

しかし、大抵の場合は「貴方はこの苦しみがわからないからそんな事を言うんだわ!」と返答されると思います。

加えて”この人は私の気持ちを分かってくれない”とレッテルを貼られて、二度と心を開いてくれないということもあり得ます。

答えにくい質問に対する回答2

『自分の気持ちを伝えて、なぜ相手はそう思ったのか質問してみる』です。

「私はそんなことを言って欲しくないですが、どうしてそんな事を仰るんですか?」

と尋ねてみるのも1つの答えです。

相手に、きちんと、言葉にして発してもらうことで、気持ちに整理を付けてもらったり、話を聞くだけでも心の均衡が保てたりもします。

ポイントは「辛さを共有すること」そして「手伝います」と支援の約束をしていくことです。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

STは嚥下を対象とする場合が多いため、看取りへの介入を担当する場合もあります。

まだ話せる人で、気が落ち込んでいる方への支援はとても大変ですが、臨床での参考になれば幸いです!それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました